ワシントンホテルとホテルグレイスリーがお届けする、
地域に根ざした旅の情報

佐世保駅より徒歩約10分圏内で巡れる食い倒れガイド。海外の食文化に触発された、がっつり系ご当地グルメを食べ尽くそう

Lemoned Raymond 五番街店のレモンステーキ(Lemoned Raymond Gobangai Shop's Lemon Steak)

長崎県は、7世紀頃から日本と海外の交流場所として栄えてきたエリア。遣唐使の派遣拠点としての役割を担い、1571年の長崎港の開港後には、オランダやポルトガル、中国との交易が盛んに。約200年続いた鎖国時代には、人工島・出島が日本で唯一の貿易の窓口となりました。なかでも佐世保市は、第二次世界大戦後にアメリカ海軍基地が作られたことで、アメリカ文化に触発された独自の文化も誕生。そこで今回は「食文化」に注目し、海外のエキスが入った佐世保のがっつり系ご当地グルメを堪能できるおすすめ店を4店舗選んでみました。全ての店舗が佐世保駅より徒歩で約10分圏内なので、弾丸旅行で立ち寄るのもいいかも。

優しい味のデミグラスソースが、とろける牛肉とゴロゴロ野菜を包み込む。”海軍さんのビーフシチュー”が評判の「創作料理 十八番」

創作料理 十八番  -Retty (レッティ)

参照:Retty 『創作料理 十八番

日本におけるビーフシチューの起源は明治時代。日清、日露戦争で活躍した海軍大将・東郷平八郎が、イギリス留学中に食べたビーフシチューの味を大変気に入り、日本に伝えたといわれています。佐世保市では、明治時代の料理本”海軍割烹術参考書”に記されたレシピをもとに再現。お店ごとに異なるこだわりのアレンジを加え、「海軍さんのビーフシチュー」として提供されています。佐世保駅に隣接する商店街・ろくてん通りに位置する「創作料理 十八番」では、生クリームを使用したマイルドな味のビーフシチューをいただけます。大きめにカットされた牛スネ肉はとろとろ。にんじんやじゃがいも、ブロッコリーなどの具材もたっぷりと入っていて、食べ応えのある逸品です。トマトベースのデミグラスソースの優しい酸味と、具材の旨味や甘味が口の中で混ざり合い、ほっとする味わいが広がります。

営業時間9:00〜20:00 水曜定休
住所長崎県佐世保市三浦町237
アクセス佐世保駅より約90m
URLhttps://tabelog.com/nagasaki/A4202/A420201/42005940/

自分好みのお肉を選んで、〆は残ったタレとライスを絡めて召し上がれ。佐世保港を一望できるレモンステーキ専門店「 Lemoned Raymond させぼ五番街店」

Lemoned Raymond 五番街店のレモンステーキ(Lemoned Raymond Gobangai Shop's Lemon Steak)
Photo by @matsu_86

アメリカ海軍の影響で流行したステーキを、日本人に合うようにアレンジを加えて誕生した佐世保発祥の「レモンステーキ」。薄切りの牛肉を熱々の鉄板に乗せ、レモン果汁を効かせた醤油ベースのソースをかけて食べる名物グルメです。「 Lemoned Raymond(レモンド レイモンド)させぼ五番街店 」で佐世保港を眺めながら、そんなレモンステーキを味わってみて。お肉は国産サーロイン牛かアメリカ産アンガス牛のどちらかをチョイス。オーダーをすると、輪切りレモンがあしらわれた薄切り肉と、レモンの酸味が効いた特性ダレがジュージューと弾ける熱々の鉄板が登場。爽やかなレモンの酸味がアクセントになった甘めの特性ダレが柔らかいお肉に絡み、口に入れるとうっとりするほどの旨味が広がります。最後は、肉汁が溶け込んだソースの中にライスを投入するのをお忘れなく。

営業時間11:00〜23:00 年中無休
住所長崎県佐世保市新港町2-1
アクセス佐世保駅より徒歩5分
URLhttps://sasebo-5bangai.com/shop_search/shop620102/

ご当地グルメ総選挙で2年連続金賞を受賞。7つのこだわりで、究極の“佐世保バーガー”を生みだす「佐世保バーガー BigMan 京町本店」

佐世保バーガー BigMan 京町本店 (佐世保中央/ハンバーガー)

参照:食べログ 『佐世保バーガー  BigMan 京町本店

1950年頃、アメリカ海軍の関係者からレシピが伝えられたのが誕生のきっかけと言われている「佐世保バーガー」。定義は、”地元食材を使い、注文を受けてから作るハンバーガー”なのだとか。1970年創業の「佐世保バーガー BigMan(ビッグマン)京町本店」は、させぼご当地グルメ総選挙で2年連続金賞を受賞している実力派のお店。15種類以上の佐世保バーガーがメニューに並んでいて、鉄板で作る工程を見られるライブ感も魅力。おすすめは、「元祖ベーコンエッグバーガー」です。元パン職人である創業者が生み出したふわふわのバンズ。5日以上の工程を経て作りあげられるベーコン。10種類以上のスパイスを加え旨味を引き出したパティ。長崎県島原産のブランド卵「太陽卵」を使用した目玉焼き。時期ごとに新鮮なものを使用する野菜。コク深いリンゴ入りマヨネーズと、完熟トマトで作られたケチャップ。これら7つのこだわりが、一口だけでも想像以上の満足感を得られる味わいを演出しています。上から軽く抑えて傾けずに食べる佐世保流でいただいて。

営業時間10:00〜22:00 不定休
住所長崎県佐世保市上京町7-10
アクセス佐世保駅より徒歩10分
URLhttps://www.sasebo-bigman.jp

様々なご馳走が一度に味わえる魅惑のプレート。大人版お子様ランチとも称される迫力満点のトルコライスが絶品の「ポルト・カフェ」

ポルト・カフェのトルコライス(Turkish Rice offered by Porto Cafe)
Photo by @yoshirin.rie

ひとつのお皿の上に、メイン料理が3種類ほど盛られた「トルコライス」。大人版の”お子さまランチ”のようなこの料理は、長崎県で誕生したと言われています。お店ごとに具材が異なるので、どんなトルコライス が佐世保にあるのか散策しながらチェックしてみて。老舗店のトルコライス を食べたくなったら、「ポルト・カフェ」へ。1951年にオープンした、佐世保の銘菓・ポルトの生みの親「白十字パーラー ぽると総本舗」が営む喫茶店です。昔懐かしい味がするナポリタン。ジューシーなハンバーグ、もしくはソースがたっぷりとかけられたサクサクのトンカツ。エキゾチックさと鮮やかな色をプラスする、サフランライス。そしてサラダが添えられた、人気メニューたちが共演するボリューム満点のトルコライス をいただくことができます。

営業時間11:30〜17:00 年中無休
住所長崎県佐世保市本島町4-19
アクセス佐世保駅より徒歩12分
URLhttps://www.hakuju-ji.com/html/page3.html

今回の旅の拠点